« 内職屋物語 2 | トップページ | 新人M君 »

2006年6月15日 (木)

内職屋物語 3

今日は梅雨入り後初めてそれらしい雨が降ってきました。

外回りの皆さんお疲れ様でした!!

思わず新聞配達のころを書きたい所ですが、話が飛びすぎるので

めでたく社会人になった頃の続編。

子供の頃から家業を継ぐつもりでしたので、そんなに違和感もなく

父親の仕事を手伝いだしましたが、車の免許も取ったばかりなので

社長(父親)の配達の助手からスタートです!

面白く無いですよねー やっぱり・・・・

小心者の私は、まずお客さん・外注サンなど会う人全てと

挨拶が出来ませんでした!!

初めて会う人・知らない人に「毎度!」は、なんかおかしいやろ?と、

頭の中で理屈をこねて、用事が済んだらすぐ助手席でうつむいていました。

事務所の掃除もいやでしたねー!

兄弟が着飾って出勤していく横で、膨れっ面で掃除に励む朝でした。

挨拶をまともに出来るまで、半年位かかりました・・・(長すぎ!)

「この兄ちゃん無口やねー」と言われながら・・・・

この頃より父親を「社長」と呼ぶようになり、今では「お父ちゃん」とも「親父」とも

呼べなくなりました。(以前はなんと呼んでいたかも忘れました・・・)

ちなみに、この「社長」(父親)はビニール製品のブローカーの様な仕事でした。

ビニールメーカー・縫製屋さん・裁断屋さん・各種部品屋さん・材木屋さん・

印刷屋さん・卸メーカー・メーカーさんなど色々な分野の会社と取引がありました。

色んな人と挨拶を出来るようになった頃から1人で配達も回れるようになり、

「一丁がんばるか!?」 と思い出した頃「社長」とも、まともにしゃべれるよ様に

なってきました。

普通10代後半からあまり父親と喋りませんもんねー

弊社が法人化する約20年位前・内職業に出会う2年位前のことです。

だんだん仕事に慣れてきたこの頃、「社長」から衝撃の発言が!

この話は次回にします。

(衝撃はちと大袈裟かも・・・・・)

ベスト15まであと僅か!!

皆様のご協力お願い致します!↓↓↓↓↓↓

社長ブログランキング・バナー1クリックにご協力下さい!

人気blogランキングへ

« 内職屋物語 2 | トップページ | 新人M君 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内職屋物語 3:

« 内職屋物語 2 | トップページ | 新人M君 »