« 内職屋物語 8 | トップページ | 帰り道のフェラーリ »

2006年6月24日 (土)

内職屋物語 9

梅雨のはずが好天の1日となりました。

暑いですねー!

内職屋物語 8 の頃

隣町、駅前のアパートで一人住まいを始めました。

前に書きました新聞奨学生の頃、販売店の3階で

住み込み生活を送っていましたので、

事務所件・実家に住むのが窮屈に感じていたのと、

大学生になったら地方でのアパート住まいをしたい!と

憧れていた事もあり、

最終学歴T予備校卒?になってしまいましたが、

少し仕事が出来だしたので、「ここらで実家を出てもいいか!」と

中学当時の後輩であるR君が住んでいたアパートを紹介して貰い、

(彼は後に我が社に入社後、問題を起こして退社しました。

この話は内職屋物語14位の予定’’)

なんと、6畳・台所付のみの狭さですが、家賃12000円!

ガレージより安い家賃!!

一人住まいといっても会社件実家から自転車でも車でも5分位の距離!

朝・昼・夕食・お風呂は実家で済ませていましたので

なにも苦労は有りませんでしたが、色んな経験をしました。

冬はとにかく寒い!外よりも寒い!

おかげで、ウイスキーをストレートで飲むのが癖になりました!

飲まないと、寒くて寝れない・・・

コタツだけでは無理無理”

夏も外よりも暑い!

おかげで、ビールもたらふく飲めるようになりました・・・

もちろん扇風機しかありませんでしたので、

(結婚するまで冷房のある部屋で寝たことはありませんでした!)

無理やりビールを飲んで酔っ払わないとだめでした。

また、ゴキブリが(いまも、子供の前以外は、めっちゃ怖い!異常に多く、

狭い部屋の入り口付近に出没すると、逃げ場がないので

2件隣の部屋に住んでいたR君が帰ってくるのをひたすらまって

身動きできず、何時間もにらみ合いをしていた事もありました。

(早く帰って来いR!動くなゴキブリ!と心で念じながら!!!)

変わった人も多かったです。

(もちろん私も含めて!!)

・アパートなのに立派な表札を3つも扉につけている初老の男性

・夜中に壁に頭突きをずっとしている格闘家もどきの青年

・なぜか、こんな小汚いアパートに4部屋も借りている若い女の子

・部屋の中でもずっと真っ黒のサングラスをしていた少年

・3階に住んでいるのに、間違えたと言って私の部屋の鍵を

 早朝ガチャガチャする中年男性(今も意味不明!)

極め付きは・・・・・

私の部屋は共同便所の隣だったのですが、

どーも普段よりも「よかならぬ」臭いがするなーと

ドアを開けると・・・・・

なんと、部屋の前でうずくまって、お漏らしをしている

おじいさん!

それも、大・小 両方!!!

管理人のおばあさんはあまりの惨状に泣いていました・・・

2-3回ありましたが、引越しされましたので安心しましたが”・・・

約、3年ほど楽しく?住ましてもらいました。

今なら絶対無理!ですが・・・・

そんなアパートも今は取り壊され立派なマンションになっています・・・

約18年前のお話でした。

次は、仕事の話になるはず・・です・・(運命の仕事との出会い編!)

ランキングを↓  ↓  ↓  ↓  よりどうぞ!

社長ブログランキング・バナー1クリックにご協力下さい!

人気blogランキングへ

« 内職屋物語 8 | トップページ | 帰り道のフェラーリ »

コメント

スマイルハートの社長です。

ランキングから来ました。
物語りとても楽しいです。
また来ます。

応援クリック、ポチッと!

今後もよろしくお願いします

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内職屋物語 9:

« 内職屋物語 8 | トップページ | 帰り道のフェラーリ »