« 内職屋物語 50 | トップページ | 内職屋物語 52 »

2006年9月 4日 (月)

内職屋物語 51

ダントツの最下位!

昨日はドラゴンⅠ課長、神戸のK社長、N社長とのゴルフ ”

2週続けての読売ウェストゴルフ場でしたので、

少しは良くなるかな?との甘い期待も空しく・・・

オープンコンペ最下位を飾りました・・・・

プレー終了後、K社長がポツリと一言

K社長  「ところで、練習いってんの?」

私     「いや、全然です!」(笑)

K社長  「そら、あかんわな・・・

笑った表情ではありませんでした・・・

考えたら失礼なことです、

ええかげんそうに見えるK社長も、

いざ、ショットやパターの瞬間にみせる真剣な表情”

私も適当にやっているわけでは無いのですが・・

ある程度のレベルになるまでは、

練習するなり、

なんらかの対策を立てないと、他の3人さんに迷惑が・・・

「今頃、わかったん?」と言われそうですが、

頑張らなくては・・・

この時も、ええ加減な社長やな!っと思っていました、

内職屋物語 50の続き、

MT社社長のD社特急案内編?です”

なぜか、急いでるMT社社長!

D社本社駐車場をUターンしたトラックは、

またもや、細い道を駆け抜けまして、

4トントラックが、5-6台止まっている倉庫に飛び込んでいきました!

とりあえずその後ろに止める私・・・

「ちょっと待ってて!」

その一言を残し、

小さなケースを持ってリフトマンのところへ、

走っていきました!

残された私は、きょろきょろ””立ちすくむのみ・・

この倉庫、よく見ますと

D社の印刷の入ったケースばかりが積み上げてあります”

まあ、コ○ヨに比べたら、

「小さいもんやな!」とかちょっと余裕を持って待っていますと、

(先日、びくびくして1-2回納品に行っただけのくせに・・)(笑)

反対側から、若いリフトマンが

「2台続けて入ったらあかんがな!」

「兄ちゃん誰や!」

ものすごい形相で怒ってきます!!!

「そんなん、知らんがな! 

MT社の社長について来いって言われただけじゃ!!」

とは、言ってませんが・・・

なぜか社長と来てるので、平気な私・・

そこに、社長が小走りで帰ってきまして、

「ごめん、ごめん、Kちゃん!」

「この子、初めてやから連れて回ってんねん!」

「これから、頼むで!」

むすっとした顔の若いリフトマン、

黙って奥に消えていきました・・・

なんか、軽い感じの社長?・・・

「ほな、いこか”」の言葉でまたもや急いで出発!

遠くでさっきのリフトマンが、

こっちをにらんでるのが、視線に入ってましたが、

こっちも必死、

結局一言も、得意の「すんません!」を言わずに

社長の後を追いかけました・・・

そんな、大きな会社じゃないし、

いったい、仕事の説明はいつなのか、

少し、不安になって来ました・・・

今度はなかなか止まらない社長”

MT社に戻る雰囲気でもありません!

完全にどこを走ってるのかわからない私・・・

またもや、先程と同じ規模の倉庫の前でいったん停止”

飛び降りてきて、私に一言

「ここは、第2事業部のA倉庫な」

「第2事業部も動きあるからな!」

それだけ言って走り出します・・・

また、くねくね走ったかと思うと、

今度は、かなり大きな倉庫に入って停止。

広い倉庫ですが、あまり人影はありません。

またもや、車を降りてきて一言

「ここは、J倉庫”、通箱(ダンボール)専門の倉庫やからな!」

またも、簡略な説明のみで発進する社長号!

その後、2ヶ所同じ規模の倉庫を、

案内してくれた頃には、

道順どころか、

「ここはどこ?」の世界”

ちんぷんかんぷんに成りながら、

「はいっ、覚えときます!」

オウムみたいに繰り返すのも、疲れてきました・・・

次に飛び込んだところは、

かなり大きな敷地と建物。

向かいあって工場がいくつも並んでいます・・・

またもや、急いで建物に小さなケースを持って、

社長が走って行きます・・・

このパターンもすっかり慣れてきた私、

車も降りずに、ハンドルにうつぶせて

はあ---

少しため息・・・

バックミラーで社長が入った建物を眺めていました・・・

冷静に考えたら、案内して貰ってるこのD社”

「いくつ工場、倉庫あんねん!」

「全部あわせたら、コ○ヨ八尾工場よりでかいで!」

「まだ、どっか行くんかなー?」

そんな事を考えていると、

今度は、少しゆっくりした歩調で社長が帰ってきました・・・

「俺、ここの事務所で打ち合わせあるから

MT社に帰って、仕事の説明聞いて帰ってくれる?」

「電話入れとくから!」

「ここの、ヒンカンは、あそこな!」

「ここが、第2事業部の本部やから”

覚えとき!」

「まだ、他にもあるけど、

自分にとりあえず関係あるのは今日案内したとこ位やから!」

「そしたら、頼むで!」

事務所に社長は入って行きました・・・

覚えれるはず無いし・・・

とにかく、MT社に帰る道がわからない私でした・・・。

内職屋物語 52に続く

ランキングを確認できます! ポチっと!

人気blogランキングへ

« 内職屋物語 50 | トップページ | 内職屋物語 52 »

コメント

いつも応援ありがとうございます。
どうしてこんなにわくわくさせる話なのでしょうか?
応援クリック、ポチッと!

ほんとっ!
わくわくしますよね~
読んでるこちらまで
ちゃんと覚えなくっちゃと
必死になってます(^-^)v
ぽちっ。。

スマイルハートの社長様
いつもコメント有難うございます!
書いているうちに興奮してきまして、
キーボードが汗ばんでおります・・(笑)

ぱんだこぱんだ様
いつもコメント有難うございます!
このときより毎日のように通うので
今でも、道順覚えております!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内職屋物語 51:

« 内職屋物語 50 | トップページ | 内職屋物語 52 »

PickUp

メルマガ

  • 無料メルマガ登録はこちらです。
    『内職王への道~低リスク起業のすすめ~』
    メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
    まぐまぐ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック